BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

庭木の剪定を行う季節について

2021/04/08
庭木の剪定作業を行う季節について紹介します。
「剪定作業を行う必要があるのは知っていても時期は分からない」という方もいらっしゃいますよね。
いつ剪定作業を行うものか、確認してみてください。

▼基本的に剪定作業は年に2回
庭木の種類にもよりますが、基本的に選定作業は冬季と夏季の2回行います。
それぞれの理由は、以下の通りです。

■冬季
春に備えて不要な枝を落としたり葉を減らしたりします。
冬に行う剪定は、夏よりも大掛かりになるため、時間も掛かります。
なお、庭木によっては、3~4月に剪定をする必要があります。

■夏季
伸びすぎた枝葉を剪定することにより、庭木の形を整えます。
この時期に剪定をしておくと、台風によって枝が折れるのを防げるため、安心です。
また選定作業により通気性も上がります。

▼剪定はベストな季節に行うのが大切
剪定にベストな季節は庭木の種類により違うため確認しなくてはなりません。
適切な時期に剪定作業を行うことで庭木は健やかに成長します。
「いつどうしたら良いか分からない」という場合は業者に依頼すると安心です。

▼まとめ
1年に2度剪定作業をするのが面倒だと感じるなら、業者に依頼すると手間を減らせます。
忙しい時期は業者に依頼するなどして、しっかり庭木を手入れしましょう。
静岡市の「クリーン・メイト静岡」では、ご依頼に応じ、庭木の剪定や伐採を行っております。
剪定作業のご要望がありましたら、お気軽にお申し付けください。